生活費を会社や職場の同僚や、家族・友人・近所の人など誰にもバレずに内緒で借りたいなら、ネット申し込みでお金が借りれる振込キャッシングがおすすめです。

生活費を内緒で今すぐ借りれるネット融資

誰にも知られずにお金を借りたい

誰にも知られずに借金解決できる方法

返すためのお金を借りたいなら、まず督促をストップさせませんか?


任意整理の専門家に依頼すると全ての返済がいったんストップします


※任意整理の専門家とは、弁護士や司法書士のことを言います。

貸金業者からの電話や郵便物は苦痛ストレスの元ですが、専門家に依頼すれば専門家があなたの代理人となるので、この代理人を飛び越して直接あなたに連絡することができなくなります

専門家が任意整理の依頼を受けると、貸金業者に「受任通知」を送ります。「今後わたし(弁護士・司法書士)が代理人として交渉を全て行いますので、連絡はすべてわたしに送ってください」という内容です。
貸金業者は、受任通知を受け取った後はたとえ「これはどういう事ですか?」という直接的な督促内容でなくても、あなたに連絡をすることはできません。

万が一あなたに直接連絡があったとしたら、ルール違反として今後の交渉を有利に進めることができるので、すぐに代理人に連絡しましょう。

取り立て行為や督促電話をストップさせるなら

任意整理と自己破産は別もの

債務整理と聞くと「自己破産のこと?」と思いがちですが、債務整理の方法はいくつかあり、自己破産はその方法のうちの1つです。

自己破産は簡単にできるものではありません。
あなたがしたいと思っても、裁判所に申請して支払い不能と認められないとできません。

ここでお勧めしているのは「任意整理」という方法で、裁判所などの公的機関を通さずに借りた人と貸した人の間で利息や毎月の支払について話し合い、借金を減額することを言います。

貸金業者も返済されないよりは少しでも返してもらう方がマシだと考えて交渉に応じます。
ただし個人で交渉しようとしてもまず相手にされません。弁護士・司法書士といった資格が威力を発揮します。

弁護士や司法書士に頼むお金なんてない

依頼料(数万円ほど)を少しずつ分割して払うこともできますし、任意整理を依頼するという契約がまとまるまではお金がかからないため、相談だけなら無料でできます。

すでに滞納してると任意整理できないんじゃ?

そんなことはありません。
「返済しない」「返済できない」「放置」「無視」ではなく、返したいのはやまやまでも現状では難しいため、無理なく返済していくための交渉です。
「利息を無くして元本だけ返済する」
「毎月△万円をXX回返済する」などの実行可能な内容に減額します。

職場や家族にバレたくない!

弁護士・司法書士には守秘義務があります。また貸金業者が職場や家族にバラしたりバラすと脅すのは違法な行為です。
自分で話さない限り周囲に知られることはありません。

まずは無料相談を試してみる


ここはプライバシーにも配慮されているので、本契約前までは匿名での相談も可能です。

-誰にも知られずにお金を借りたい

Copyright© 生活費を内緒で今すぐ借りれるネット融資 , 2020 All Rights Reserved.